--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.23
Mon
ヴンダーの立体物が欲しかったんですよね。
Qで度肝を抜かれた時からもう、あらゆる角度から眺め倒したいと思っていたところ。

全くのノーマークだった。ホビー誌買ってる意味が・・・
一応発売したばかりの商品だったんだなぁ・・・今度ブースターも買ってこようかな。

しかしヴンダーかっこ良すぎだろ・・・うはー、この有機的なデザイン最高だぜー。
まあ、どこがどういう機関なのかとかは全然知らんのですが。

とりあえず、組んだらテンションが上がったので撮ってみたのですよ。ぱしゃぱしゃ。

ヴンダー 00

ヴンダー 01

ヴンダー 02

ヴンダー 03

ヴンダー 04

ヴンダー 05

ヴンダー 06

あ、付属のエヴァは改2号機γでした。写真は撮ってません。



スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
05.19
Sun
20130519.jpg

マット汚っ。

はい、唐突にガルパン89式中戦車のペーパークラフトを作っていますよ。

いつだったか公式で配っていたのをDLしたままになっていたので、適当に厚紙に印刷。

ボンドが固まって良い感じの強度になります。

砲身は流石にうまく作れなくて、中に厚紙仕込んで曲面の中には爪楊枝を突っ込みました(笑)

意外とうまく収まったからまあいいか。


広い面積には裏に厚紙を貼っておくといいかもめ。


しかしボンドくせえ。ラッカーよりくせえ。
comment 0 trackback 0
05.17
Fri
20130517 00

HGUCのEz8完成。
ウォッシングして汚そうかと思ったので、綺麗なウチに数枚撮影。

20130517 01

20130517 02

20130517 03

20130517 05

カコイイ。

さて汚すか。
comment 0 trackback 0
04.22
Mon
20130421 3突B型 00


はい、そうですとも。
ガルパンで戦車模型初めて作ったにわかのlesでございます。なんかお久です。いえー。

最近家電量販店の模型コーナーを物色するとⅢ突B型がよく売ってるんですよねぇ。
再販でもかかったのかな?
ひとまず短砲身が可愛らしいこのB型を制作することに決定。
戦車じゃないよ!自走砲だよ。

ひとまずガルパン仕様にしよう。でもデカールがない・・・
よろしいならば手書きだ。

つーわけで、幻の九号車、なんて勝手にナンバリングしてみましたよ。

大洗戦車道衰退期に資金難で売られた内の一つ、とかで。
あれだ、F型あるしB型は売っちまえとかになったんだよきっと。

戦車道的に歩兵のボディーガードなこのB型はどうかと思ったけれど八九式の火力を見るとねぇ。
ありえない話じゃないかもね。


さて、AFVモデルというやつは人生初であります。
ガンプラ目的で買っていたホビー誌をひっくり返し、
youtubeで戦車制作の動画観たりしつつ、勢いでガツガツ作ってみました。



制作中はTwitterでつぶやいてましたが、完成したのでアップ。

7日間位掛かったけれどもう少しじっくりやればよかったかな。


20130421 3突B型 10

20130421 3突B型 11


前後から。戦車いい、戦車いいよ。
もっと早くに出会えていれば。完成出来ない病とか即バグラチオンですよ。
(覚えたばかりの単語をすぐ使いたがるアレ)


この車高の低さ。
戦車に関する知識が全くないのでアレですが、アンテナは付けないべきなのかな・・・
アンテナケースもあるしアンテナ基部はあるし・・・
まあいい付けよう。金属線でやってみましたが、メタルプライマー塗っても定着しずらい。
次はランナー伸ばすか。


20130421 3突B型 01

20130421 3突B型 02

OVM類。こういうのはアクセントになっていいですね。

一発書きの九の文字ががが。蛇とかうなぎみてえ。

20130421 3突B型 03

20130421 3突B型 04

作るのも塗るのも新鮮で楽しかったですね。

塗装は影色にジャーマングレーを全体に吹きつけ、
明度を上げてから縁を残すように吹き付けて陰影を作…ったつもりですがイマイチ曖昧に。
この影色とか全然分かってなくて、ガイアのジャーマングレー吹いたら思った以上に黒いんですよね。
わけもわからずに墨入れとか汚しとかやっていたんですが、全然雰囲気がでない。

明るい色を追加で吹いたら良い感じにグラデがかかってテンションが上がりました。
エナメル塗料の墨入れ専用黒と茶色を混ぜたもので全体をウォッシングして、後は履帯周りの塗装ですね。

20130421 3突B型 05

20130421 3突B型 06

見よう見まねでアクリル塗料でのウェザリングに挑戦。

とりあえず基本を知らないのでひとまず影色のジャーマングレーをタイヤと履帯にそれぞれ吹付け、組み付けました。

その後、ゴム部分を違うグレーを適当に作り(おい
…なんかブラックグリーンにグレーを追加して適当に作りました。緑に振ってある感じです。

その後、アクリル塗料で汚しに入るんですが、

暗い色:フラットアース、黒
明るい色:フラットアース、クリアーオレンジ

ってな具合でたまたま持っていた塗料で土っぽい色を作りました。

オレンジを入れるのは動画でやっていたのをまんまです。意外と変わるもんです。

ひとまずガツガツ履帯と動輪、車体下に塗ったくっていきます。
乾いたら次は明るい色。もしかしたら手順を間違ったかもしれません。

終わったら墨入れ。先ほどの焦げ茶色でディティールを目立たせていきます。

最後にエナメルのシルバーでドライブラシを掛けて接地面を銀色にしてやりましたがちょっとやりすぎたかもしれないなぁ。

20130421 3突B型 07

20130421 3突B型 08

ちなみに製作中、右側の排気パイプ(マフラー?)が根本からポッキリ。
後から気付いたので破片もなにもなく、途方にくれましたが、とりあえずプラ棒で作ってみました。
こういう事をやったことがなくて、実際諦めていたんですが、なんとなくプラ棒を熱してみたら直角に曲がってくれたのでよし、やろうと。近づけすぎて燃えましたけどね。

ひたすらヤスって形を整えて、同じぐらいの太さになったら穴を開けてまた整えて。魂が入っているお。
意外と出来るもんだ。

20130421 3突B型 09
えーーんたーーえーーんたーーみっしょーーん。

買った時は積みを覚悟していたのにこんなに早く完成させてしまった…
ガルパン効果恐るべし。

スケールモデルは仕上げないと形にならないからか、最後まで突っ走れました。
もっと早く作っていればなぁ。ホント。
塗装方法だったり加工だったり、結構な経験値が溜まった気がする。

次はやっぱりⅣ号が作りたい。シュルツェン付きのH型で。





1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.281 ドイツIII号 突撃砲B型1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.281 ドイツIII号 突撃砲B型
(2005/12/24)
タミヤ

商品詳細を見る



1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ 3号突撃砲 G型(初期型)1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ 3号突撃砲 G型(初期型)
(2006/10/04)
タミヤ

商品詳細を見る

comment 0 trackback 0
01.29
Sun

こんばんわんわん。
寒過ぎてスマホ触ってると手がかじかんできます。ひぃ。
白いソフトジャケットを被せたらiphone呼ばわりされますた。あいふぉんWPか。


さて、本題。

祝スターガオガイガー記念ということで初版ガオガイガーの股関節を強化してみたのでうp。



先日の勝利の鍵セット2発売に合わせてガオガイガー、勝利の鍵セット1の再販がされましたが、
どうやら聞くところによると肩、股関節が調整されてるとかなんとか。

金無いので再販分に突撃するわけにもいかないし初版分はまだ元気です。
なので、改めて関節強化してみることに。

今更ネタではありますが試す際は自己責任でオネシャス。


それではバラしていきます。
破損がおっかないので外せる箇所はあらかた外しておきましょう。


まずは大腿部装甲の内側の凹みから、凹みより幅の狭いマイナスドライバーを差し込みます。
関節のホワイト部分は塗装ですので、できるだけ剥げないようにテコの原理でグリグリしていきます。
うまくグリグリすると外れます(アバウト…

ネジを外して分解すると画像のようになります。
(画像はすでにビニールを挟んでます。はみ出とる)

20120128ガオガイガー股関節02

受け側は下のようになってます。

20120128ガオガイガー股関節03.5


軸受側は2層構造になっているのでナイフかなんかで受けを引き出します。グリグリ。

20120128ガオガイガー股関節01

引き出したら中に適当なものを適当なサイズに切って噛ませましょう。
私は適当な食玩の梱包ビニールを適当に挟みました。適当過ぎる。

片方だけじゃ不安だ、両方噛ませよう…。

さて後は戻すだけ!股関節を足にハメる時が一番きついので破損しないよう頑張る。グリグリ。

20120128ガオガイガー股関節04.5

結果はこんな感じです。
両方の軸受それぞれにビニール噛ませたので結構な硬さになってくれました。
サイドに対する保持力の根本的解決にはなってない力技ですが、こんなもんでも十分ですね。

全くガオガイガーは最高だぜ!



comment 0 trackback 0
08.07
Sun
20110807.jpg

しまった、肩のホワイトすっかり忘れてたorz

今日はようやっとカラー塗装に入ることができました。
のんびりでも確実に作業が進んでいるという事実に我が事ながらビックリしています。

やりゃできんじゃねーの。


さて。
塗装は2回に分けて行う事にして、今日は白、赤、青のメイン色を塗装してみました。

調色の基本なんて全然分からないので(!)適当に。
すべてガイアカラーです。

ホワイト:ピュアホワイト+コバルトブルー数滴+パープル数滴

レッド:シャインレッド+ホワイト少量

ブルー:コバルトブルー+VRフレッシュグリーン


調色の基本位抑えておくべきだったか…

フレッシュグリーンは見事に使い方を間違えてるかもしれませんね。
コバルトブルー+白でも同じような色になるんじゃないかと思うと。

赤はただ明るくしただけだしホワイトもなんだか迷走してるような気もします。
楽しかったのでおkということで。


後は関節色とイエロー、グリーン塗ったらクリアーコートしてスミ入れ。

デカールはクアンタ用が売ってないしどうしたものかな。


そろそろ終わりが見えてきた。完成が楽しみです。
完成したら比較用にクアンタもう一個買って隣に並べて浸ろう。


ところで冒頭で書いたように肩のホワイト塗り重ねてしまいました。

ホワイト吹いてから1時間もしないうちに塗り重ねちゃったけど
綿棒なんかで軽く撫でたら上手い具合に剥げてくれないだろうか。

ないか…。
comment 0 trackback 0
08.03
Wed
20110803.jpg


連日の体調不良で作業に入れずにいたクアンタ。

今日ようやっとサフ吹きが出来ました。

エアブラシ作業は久しぶりでしたがうまくいったかと。
キズがやばそうなところ重点的に吹いてみましたが、結構目立たなくなっていてよかった。

パテ盛ったところや延長したところがサフで一色に染まっていくところは快感でした。


パーツの持ち手付け、サフ吹き、清掃で実質3時間弱の作業時間でした。
はっきり見えないのでパーツに光を当てながら焦らずゆっくりやるんですが、
気づけば終わってた感じで苦痛じゃありませんでした。
また一つ収穫がありました。


残りは発覚したキズ等の修正、ベースホワイトから各色の塗装(マスキングが大変だ)
スミ入れ、デカール貼り、トップコートとまだまだ続きますが、

果たして週末までに完成するのか?うーん。


comment 0 trackback 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。