--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.15
Sat
新世大将軍07バナー


 来年1月に再販が決定した新世大将軍のレビューです。

久々ですがやけに写真多いです。素敵!(なにが

それとまたまた久々ですが巡回をば。

<巡回 12/15 21:20時点>

ひなたちきさん SRWOG:FAF-008 グランゾン

ホビーフロンティアさん BB戦士 107 頑駄無大光帝

monochromeさん やまと 『一騎当千 孫策伯符 1/7 格闘Ver.』

ななななさん BB戦士改造 鉄斗羅頑駄無

SDパワー全開!!さん BB戦士 曹操ガンダム

GR/GRIMPOPさん 頑駄無闇元帥・HG1/144ガンダムヴァーチェ・HG1/144ガンダムキュリオス

きまぐれガンプラ工房さん 新生魔星大将軍
BB戦士 No.120 新世大将軍

前回の龍頑駄無とは違い未塗装です。目の不調です。ぷち最悪です。

でもなんとか塗装するつもりでいたので、心技体それぞれの鳳凰につけるジュエルシールは貼ってません。いずれまた。
 そういや買った当時日記に書いたなと思って遡ってみたら2年前の夏頃に記事にしてますね。その高ぶりようときたら少し恥ずかしいです。見るなやめ(ry
さて来年の再販ですが、また買ったらこれで計3体買ったことになるわけで。どうしようかな。(おい

新世大将軍00

なんという美しさ・・・。歴代大将軍の中では一番好きです。
羽はいろプラで多色成型で1パーツになっています。名前は忘れましたがVガンとか当時のガンプラによく使われていたのを覚えてます。BB戦士では他に大光帝がこんなパーツを使ってた気がします。

後ろ
新世大将軍01

大将軍といえば大砲。バックパックが変形して三連大目牙砲(トリプルオメガキャノン)となります。でもちょっとやっつけ感がある形態なので写真省略。鳳凰がまぶしい2つのパーツは神手甲(じんてっこう)で、ケンタウロス時の腕部延長パーツとなります。パッケージ絵は腕部にかぶせるように描かれているので改造するとしたらここでしょうか。

光鳳剣(こうほうけん)
新世大将軍02

鳳凰が象られた刀を持つ武者は他にも存在すると思いますが、管理人はこれが一番好きです。大将軍に相応しい大太刀。抜く前に闇帝王に一撃食らって使わずでしたが。抜くと閃光剣のように光を発するようです。
腕部に可動があるのでそこそこポーズがつけられます。

輝煌の軍配(きこうのぐんばい)
新世大将軍03

メッキ1パーツの豪華な軍配。裏に軽装時の角飾りがつけられます。

鳳凰全閉状態(フェニックス・フルクローズ)
新世大将軍04

心、技、体を象徴する鳳凰が全て閉じている状態のようですが、特にそれといった説明がないので管理人はどういう形態なのかわかりません。風雲録に載ってるのかな?
新世大将軍は結晶鳳凰と烈光頑駄無が融合し、心技体全てが最高レベルに高まっていると記載されているので、そのバランスが関係しているのかな?とか。
ちなみに3つの鳳凰それぞれデザインが違うものになっています。

大目牙撃砲(オメガスマッシャー)
新世大将軍05

F91がモチーフなだけあって、バックパックの大砲をヴェスバーのようにして放つことができます。

軽装タイプ
新世大将軍06

重そうな陣羽織を脱ぐと随分華奢な肩の軽装タイプとなります。
烈光頑駄無の時からあった角飾りもパワーアップ。男前ですねぇ。
肩の鎧も前後幅に余裕があるので、この華奢な肩を改造するといいんじゃないかな。

そして!

神馬凰形態(じんばおうけいたい)
新世大将軍07

かつてここまで立派なケンタウロス形態があっただろうかと管理人も大絶賛の神馬凰形態です。神手甲と前足を改造するだけでさらに見違えると思います。やってみて!(お前がやれ

左から
新世大将軍08

神馬凰とは、
鬼神の如くみなぎる力、天馬の如く駆ける脚、鳳凰の如く舞う翼
 これら全てを兼ね備えた究極の戦闘体型なのだ!
(説明書記事より)

でもなぜ大将軍になって突然ケンタウロス形態が追加されたのかは不明。
かっこいいからいいじゃない。

戦武面(バトルマスク)
新世大将軍09

このバトルマスクは絵ががらっと変わってお気に入り。
歴代大将軍で一番派手と思われ。陣羽織を模した鎧といいなんとも戦国武将的なマスク。
サム○イトル○パーに似てるような。撮影後に角飾りが曲がっているのに気づいたorz

太陽砲(たいようほう)
新世大将軍11

太陽砲発射形態。
自分の何倍もある姿に変化した闇帝王を一撃で葬り去った凄まじい大砲です。砲身は三連大目牙砲を背中から貫通させて再現させるという荒業っぷり。
この形態の時は両肩の鳳凰をそれぞれ内側に向けるわけですが思いっきり忘れました。
胸のパーツを開くと二代目大将軍のサンバスクのようなディティールが入っていて、いかにも光を集めそうな感じに。
顔面を覆うのは結晶風防(クリスタルゴーグル)でクリアーパーツで美しく再現されています。
ちなみにこれを下げるときは顔面のパーツをはずしてフェイスオープンのような顔にする必要がありますが、管理人はこれがあまり好きではないのでバトルマスクつきで撮影。
あとは色々ぱしゃぱしゃ。
上からー
新世大将軍12

バトルマスクで通常形態とか
新世大将軍15

大出世。
新世大将軍16

村の若者は世界を救い修行の果てに伝説の大将軍へ。

以上 新世大将軍レビューでした。これを店頭で発見した2年前の夏から出戻りSD武者ファンとなった私。来年の再販でこれがまた店頭で見られることに素直に感謝です。ありがとうバンダイ。
comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://kumonoasiato.blog22.fc2.com/tb.php/130-6d37d72d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。