--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01.31
Sun
コトブキヤ グランゾンレビュー

えー、まさかのレビュー記事作成と相成りました。グランゾンのレビューです。
前回のレビュー記事から10ヶ月が経過しておりますが、槍とか隕石とかが降っても石を投げないでください。

画像又は続きを読むからレビュー記事へ。




【コトブキヤ S.R.G-038 NONスケール DC-AM00 グランゾン】

20100131r001.jpg

重力の破壊神、降臨。

グランゾンがとうとうプラキット化。この重厚感は堪りません。
あおりがとてもよく似合う威圧的なフォルム。さすがラスボスと言った所でしょうか。
コイツと初めてやり合ったのはOG外伝ですね。恵まれているのかいないのか。
事前に得た知識が正に凶悪そのものだったので全力でぶち倒しにかかったら呆気無く堕ちて拍子抜けしたんですが、コイツの本当の恐ろしさはそんなもんじゃないとか。
友人曰くSのネオグランゾンは3体だとかなんとか何それ無理しんじゃう。あれ、10体だったっけ?

さて本題ですが、今回いつもの目の塗装に加え顔のブラックと背面ユニット、脚部のスラスター部(?)のイエローが塗装済。
それに加えクリアパーツが豊富で素組でも見栄えのいい出来になっています。
突起部分は相変わらず物凄く尖ってますのでそりゃもう布に引っかかるわパーツ落としたら歪むわで慎重な扱いを要求されます。
頭部の十字にはフラッグが付いているので削っていますが、余りの薄さにライトで透けてます。
ちなみに実物はもっと濃い青です。プラキットはやっぱ難しい……。

あー……左腕の装甲付け間違えてる事に今頃気づきました。撮影中外れたんで付け直したら偶然正しい形に。
ラッキー発動中。

フロント。
20100131r002.jpg
サイド。
20100131r003.jpg
バック。
20100131r004.jpg
どの角度もカッコいい。
リアアーマーの黒いパーツがポロリしやすいので接着してしまったほうがいいかも。

フェイス。
20100131r005.jpg
精悍な顔つき。カッコよく造形されていると思います。
目や黒い部分も塗装済みです。この十字は珍しいデザインですよね。クリアパーツのはめ込みが厳しいので、切り離した跡はしっかりと整形してやる必要あり。


股関節と脚部の可動。
20100131r006.jpg
フロント・リアアーマーの面積が狭い上に上部に跳ね上がるので、脚部に干渉しない為前後かなり動かせます。
ですが膝が二重関節で90度程度しか曲がりません。
まぁドッシリ構えているほうが似合う機体なので特に気にならないかと。
足首の可動は意外と優秀でよく動きます。ただ固いので動かす際は注意が必要。
股関節で若干捻りが可能。次の画像で確認できます。

上半身の可動。
20100131r007.jpg
肘は90度程度可動、ですが十分かと。手首の可動もよく表情が付けやすいです。
サイドアーマーが横にほとんど開かない為腕は横に上げられません。
背面ユニットはコンパクトで腕の可動に干渉しないので振り上げも楽に行えます。
肩を接続するパーツが胴体内部にスライド収納するようになっている為、引き出して胸をはることが可能。
前後の可動は同程度の角度なのでブラックホールクラスター時のポージングにも役立ちます。
腰は360度干渉無しで優秀。

付属品。
20100131r010.jpg

20100131r012.jpg
グランワームソード2種付属。柄は差替。
禍々しいデザインの方は見たことがないなぁ。よく刺さります。ネオグランゾンの方が似合いそう。

拳パーツは穴あきがない握り拳、平手が両手付属、武器用拳が右手のみ付属。
手甲は握り拳と兼用なので接着しないように!
コレ一つあれば文句無かったなぁ。

ブラックホールクラスター・試作縮退砲。
20100131r014.jpg

20100131r015.jpg
差し替え無しで再現。これはありがたいですね。クリアパーツも2つしっかり使われています。
開放後中央のクリアパーツの台座的な部分は別パーツとなっているので塗装も楽にできるようになっています。

背面ユニット。
20100131r016.jpg
スラスターが全て可動するので差し替え無しで開放状態を再現。
接続も左右に軸可動+ボールジョイントで跳ね上げることが可能。
左が一杯まで跳ね上げている状態。右は通常時。

歪曲フィールド発生装置。
20100131r017.jpg
ゲーム中では苦戦の一番の原因ですね。OG外伝はバリア貫通武器持ちが多かったから大して脅威でもなくなってしまったんだなと、OGs1のR-GUNリヴァーレでやっと思い至った管理人です。
(スパロボプレイ順=OG外伝→MX→OGs1→OGs2)


以下、アクション。

20100131r008.jpg
コトブキヤフライングベースに接続可能な穴あり。ポリパーツ内蔵。
写真はバンダイアクションベース1を仕様。テープを二回り巻かないとゆるいです。

20100131r009.jpg
接地性も良好。

20100131r018.jpg
「では、参りましょうか」

20100131r019.jpg
「攻撃とは…こうするものです」

20100131r020.jpg
「グランゾンの力、身をもって知りなさい」

20100131r021.jpg

20100131r022.jpg
「ブラックホールクラスター、発射」


以上、コトブキヤ グランゾンレビューでした。
高めのキットですが値段以上の充実感はありました。
サイバスター持っている方は是非。NONスケール版のサイバスターが欲しいっ。


久しぶりのレビューということもあり、画像枚数も大量になってしまい編集も大変でした。

次の予定はあえて書かない!
当ブログでは予定が決定になった試しがないので。

スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS グランゾン (ノンスケールプラスチックキット)スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS グランゾン (ノンスケールプラスチックキット)
(2010/01/20)
壽屋

商品詳細を見る


comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://kumonoasiato.blog22.fc2.com/tb.php/230-305e7bb2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。